漫画家,専門学校

漫画家は徹夜漬け?

漫画家の生活について「徹夜が多いの?」という不安の声をよく聞くのでその辺の事情について少しお話したいと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

何故徹夜が多くなるのか

まず漫画家によって徹夜の有無というのは変わってきます。ですが週刊連載の漫画家のほとんどは体験していることだと思います。

 

ではなぜそこまで仕事が押してしまうのかというと「ストーリー作り」に手間をかけられるからなんですね。

 

商業雑誌に連載するということは、売れる漫画を描く義務が生じるわけです。

 

だからストーリーは自分が考えて終わりではなく編集担当との打ち合わせをして何度も修正以来やダメだしをくらいつつ双方の折り合いをつけて完成させなければなりません。

 

ここで編集の出した意見に漫画家の方が納得すればいいのですが、自分の描きたい方向性から違った修正以来をされた場合話の流れが作れずペンが止まってしまうことがあります。

 

ここで論争になったりしてうまく先に進まないと原稿のスケジュールがどんどん押していくというわけですね。

 

そしてギリギリまで休みのない地獄が始まると言うわけです・・・。

 

全ての漫画家がそうなわけではない

ただ全ての漫画家がこういう感じかといえばそんなことはありません。

 

編集部とうまく折り合いをつけてスムーズに話を決める人もいます。

 

こういう人はリズムが作れているので定時出社、定時退社のようなサラリーマンのような生活を送ることも可能となります。

 

まああとは漫画家個人の性質にもよりますね。

 

別に話作りにそこまで時間をかけているわけでもないのに、締め切りギリギリまで原稿を出せない人がいます。

 

こういう人は単純に追い込まれないとなかなか描けないタイプなんですw

 

こういうタイプの漫画家さんも多いということで、漫画家=徹夜というイメージが強いのだと思います。

 

前へ:漫画家のアシスタントの収入
次へ:漫画電子書籍の影響 紙媒体と比較してみよう

<スポンサードリンク>

関連ページ

年収/ほとんどは生活苦しいの?
よくサラリーマンのように「漫画家」という職業に決まった給与や収入があると勘違いしている声を聞くのでその辺少しお話しておこうかと思います。
魅力ややりがい
漫画家はやりがいのある仕事、とはよく言いますがそのやりがいも現実をよく知っておかねば「こんなはずじゃ・・・」となる可能性もあります。
将来性/出版業界が何故不況なのか
近年出版業界が不況で、漫画が売れなくてこの職業には将来性がないという意見も多々あります。今回は不況の原因や漫画業界の将来性についてお話してみようと思います。
勤務時間や休日/週刊連載は過労!?
漫画家の勤務時間や休日について解説しています。
アシスタントの収入
漫画家のアシスタントの収入について解説しています。
漫画電子書籍の影響 紙媒体と比較してみよう
電子書籍というのが近年台頭してきていますが、この新しい読書形態は紙媒体にどういった影響を与えるのでしょうか?
電子書籍のメリットデメリット
漫画における電子書籍が普及している中、電子書籍のメリット・デメリットについてお話しています。
新人の持ち込みはボロボロに叩かれるって本当?
漫画の持ち込みにたいしてどうも踏み切れない人が多いのはやはり編集担当に厳しい意見を言われることを恐れてのことみたいです。今回はそんな人達へアドバイス。
画材はどこで買えるの?
漫画を描くにはまず画材を揃えないといけないのですが、その画材というのはどこで買うのが望ましいのでしょうか?
原稿料ってどれくらいもらえるの?
漫画家の収入源の一つである原稿料。その相場は一体どれくらいなのでしょうか?
<スポンサードリンク>


ホーム RSS購読 サイトマップ